・2018年11月18日(日)第150回日商簿記検定の模範解答~ここをクリック

・どうやって勉強すれば短期合格できる?公認会計士・井ノ川博行による無料ミニセミナーはコチラから!

会計士バナー

> 日商簿記1級TOP > 私の情熱

ICOライセンススクール創業者 井ノ川 博行メッセージ「私の情熱」

井ノ川先生

 

今年、当校ICOライセンススクールは創立29周年を迎えることができました。

人生80年とすると、
もう私は折り返し地点をとうに過ぎていることに気付きます。

ICOライセンススクールを開校した当時の私は35歳の若さでした。

 

毎年授業を進化させ、更に見直し、と繰り返し続けることで
今では無駄をそぎ落とした、シンプルな講義が出来るようになり、
それでもなお毎年邁進しています。

受講生がしてきた質問に、ただ解答するのではなく、
「何故彼はそんなことを疑問に思ったのだろうか」
そう考え続けたことが今の私の講義を作っています。

 

私は、公認会計士試験を受験している時から
講師になることが念頭にありました。

ですので、合格点での合格ではなく、簿記でのパーフェクトを当時から目指したものです。

 

その後、大手会計専門学校に縁あって採用頂き、公認会計士講座の簿記主任を務めました。

その学校はしっかりとしたカリキュラムが組んであり、 そのレールに従い勉強できた人は合格できました。

 

しかし、常にあることが頭にあったのです。

『このレールから外れて行ってしまった人は、合格を諦めるしか道はないのだろうか?』

『私の使命は、ここ大手専門学校ではついていかれない生徒を合格に導くことではないか』

『私を信じてついてきてくれる生徒が一人でもいる限り、 私はその生徒を命をかけて受からせてあげたい。』

…そんな想いで独立しました。

 

前述の、「命をかけて」とは 大げさな言葉でも何でもありません。

自身で学校を創った以上、学校=私自身、なのです。

命をかけて生徒の皆さんの合格を思っている自負があります。

 

だからこそ、合格はしていますが、日商簿記1級は毎回受験料を支払って受験し続けています。

いの先生いの先生2いの先生3

職員室の座り心地の良い椅子で、お茶をすすりながら、ゆっくりとトイレ休憩を挟みながら本試験の解答解説を作っていては受験生の気持ちなど理解できるはずがないからです。

 

学校のため受講生の皆さんのため、そして自分自身のために26年目も邁進します。

 

皆さんがICOで受講して頂く最大のメリット=講師一同から疑問や悩み事を納得がいくまで相談に乗って貰えること、それによって勉強が楽しくサクサク進められるようになることです。その結果、短期合格を実現できます。

 

皆様、ICOライセンススクールを 今後もどうぞよろしくお願いいたします。

井ノ川先生署名

 

次は、ICOを選ぶ理由について

資料請求