会計専門の受験指導校

TEL:03-5281-6111(平日10時〜18時、土曜祝日10時〜17時)

メール:ico-school@ceres.ocn.ne.jp 日曜日は自習室と授業のみです。


ICOライセンススクールは、徹底した少人数指導校です。講師歴33年の公認会計士・井ノ川博行が責任体制で指導を行い、 過去24年間3,833名の公認会計士合格実績を上げています。一人一人のレベルに応じたアドバイスを行い、あなたを短期合格へと導きます。                                                                                                         地図&営業時間のご案内はこちら


 

井ノ川博行のBLOGはこちら。


事務局スタッフのBLOGはこちら。

井ノ川先生もつぶやき中

 

公認会計士講座の詳細は?

 
 

無料特別レポート&ミニセミナー

会計士本科会員

短答式合格コース

会計士単科コース

問い合わせ

HOMEへ戻る

 
 

ICOライセンススクールによる

公認会計士試験ガイド

 
 

公認会計士試験について

知りたい方はここをクリック

 
 

公認会計士・監査審査会の

試験情報

 
 
 平成25年試験について
 平成26年試験について

公認会計士試験について

 
 

ICOライセンススクールについて

 

 

祝25周年!

ICOライセンススクール

25年間の歩み

ICOライセンススクールの創立から25年間歴史をご覧頂けます。⇒詳細はこちら

ICO公認会計士・日商簿記講座体験受講コーナー

井ノ川先生の熱意に溢れ、かつポイントをスバリと突いたソリッドな講義を生で体験して頂けます。⇒体験受講はこちらから

ICO公認会計士無料特別レポート

 メールアドレスを登録するだけで、「0から始めて1年間で 、短答式のみならず、論文式本試験まで合格出来てしまうコツ」を記したpdfファイル を無料ダウンロードできます

↓メールアドレスを登録するだけで、pdfファイルダウンロードできます。

メール

公認会計士・井ノ川博行の

「本日のお仕事」

ICO代表であり、公認会計士かつ簿記講師でもある井ノ川先生が、含蓄のある言葉を熱く語ります!!⇒ここをクリック

〜365日、毎日更新中〜

ICO公認会計士講座

サンプル教材コーナー

リクエストにお応えして設置しました。ICOは東京にしかないので、教材のサンプルを見ることが出来ない!とお悩みのあなたへ。⇒詳細はこちら

メールマガジン

公認会計士&日商簿記1級

最小の努力・最短合格できる!画期的合格法

サンプルを読んでみる

 

書籍の通信販売

ICOライセンススクール 合格ノウハウのご紹介 

をクリックして下さい。)

ICOオリジナルテキスト

ICOライセンススクールとは?

をクリックしてさい。)

ICOライセンススクール?

ICOの教室の様子

配送・お支払い案内

特定商取引法による表示

ICO概要

ICO地図

お問い合わせ

お問い合わせについて

ICOライセンススクール

〒101-0065

東京都千代田区西神田1丁目3−6 ゼネラル神田ビル2階

受付営業時間

月〜金   10:00〜18:00

  10:00〜17:00

日曜日はお休みです

TEL:03-5281-6111

  FAX:03-5281-6112

 

 月〜金10:00〜18:00   

10:00〜17:00

営業時間外はお電話は繋がりません。

日曜日はお休みです

メール: 

ico-school@ceres.ocn.ne.jp
   24時間 365日 

 

 

ICOライセンススクール

本科生専用コーナー

(ID&パスワードが必要です)

 

 

教室本科生用ダウンロードコーナー

通信本科生用ルーム

 

作者のブログを読みたい方はここをクリック!!

↑非売品。リンク先はこの絵の作者ブログです。

(また料理にはまっています)

 

 

2013年12月短答式本試験、お疲れ様でした!!

短答式試験を受験してみての感想は、いかがでしたか?残念ながら論文までは辿りつけそうもない、でも公認会計士試験合格を諦めたくない!!あなたへ。リベンジ講座のご案内をさせて頂きます。  

 

 

 

2012年12月の短答式本試験を受験してみて

 

 

 

→→→→

総点数の50%以上を取得出来た。

→→→→

リンク先の2014年目標・公認会計士 上級VIP本科生をご検討下さい。

 

 

 

 

→→→→

残念ながら総点数の49%未満しか取れなかった。

→→→→

本ページの2014年目標・公認会計士中級リベンジコースをご検討下さい。

本ページと同じ内容の、紙媒体資料の送付をご希望の方は、↓をクリックして下さい。

紙媒体資料の送付をご希望の方はここをクリック!!

〜もう一度基礎答練から仕切り直して、2014年8月に最終合格したい!!あなたへ〜

(※アウトプット練習でインプットを完成させるコースです。一部例外を除き、インプット講義は含みません)

2014年目標・【教室生】公認会計士中級リベンジコース

⇒⇒⇒基礎答練から仕切り直して論文まで

特別価格23.8万円

2014年1月31日まで

2014年目標・【通信web音声ダウンロード生】公認会計士中級リベンジコース(WMAファイル形式の音声(映像はありません)をwebよりダウンロードして頂くコースです。WMAのファイルの再生には Windows Media Playerが必要です。こちらで無料ダウンロードできます。テキスト・レジュメ等は別途、通信発送日程表に沿っての発送となります。

講座内容の詳細はこちら

 

公認会計士・短答式試験お疲れ様でした。受験された感想はいかがでしたか?

短答式試験が終わってからの勉強方法は、@2014年8月の論文式試験に向けてラストスパートをかける勉強方法と、A2014年5月の短答式本試験に向けて再スタートを切る勉強方法とで大きく二つに分かれますが、いずれにしても、公認会計士試験に合格するという目標を実現するために、今やるべき勉強を実践する必要があります。

今回の短答式試験の合格は逃したとしても、2014年5月の短答式本試験には絶対合格するという気持ちが固まっているのであれば、悩んでいる暇はありません。

2014年5月の短答式本試験合格に向けて再スタートするためには、まず12月の短答式本試験問題としっかりと向き合う事から初めて下さい。

一番大切な事は、自分の失敗を真正面から見つめる事です。本試験に自分がどのような思考でどのような考えをした結果、このような失敗をしてしまったのかを自分の頭でもう一度しっかり考えて下さい。

なぜ間違えてしまったのかを分析して下さい。勘違いだったのか、根本的に考え違いしていたのか、知らない論点だったのか、理解できていなかったのか、忘れてしまったからなのか、自分の弱点を正面から見つめて下さい。こうやって、自分に足りないのかを認識することから始めます。その足りない何かをうめる事がこれからの受験勉強の中心課題になります。

この分析をしないまま、勉強をはじめても来年も同じ失敗をします。はっきりとここで申し上げておきます。

分析が終わったら、特に自分が出来なかったとショックを受けた科目を基本書からやり直します。1ヵ月以上の時間をかけて構いません。入門のテキストを読んで、あなたに足りない知識を補って下さい。

入門のテキストをじっくりと読みながら基本にかえってみると、本試験に出題されている事は、実は入門レベルの知識で解けるという事に気が付くはずです。時間をじっくりかけて、基本的な知識の理解と整理をしてみて下さい。悩んでいても道は開きません。多くの答案練習を、闇雲に沢山解いてみても力はつきません。基礎ができていなければ、いくら努力しても力は伸びないのです。

特に今回の短答式試験で総点数の49%未満しか取れなかったあなたは、要注意です。

基礎部分に大きな穴があるはずですから、このまま専門学校の上級コースに進んでも、再度来年、その上級コースを申し込むことになるだけです。もう一度、基礎からやり直さなければ、上級コースでどれだけ難しい最新論点を教えて貰っても、馬の耳に念仏、その場ではわかったような気になっても、答案練習では全く点が取れない、という状況に陥ることは目に見えています。

ただ、「基礎からやり直す」と言っても、通常、公認会計士講座の受講料って、総じて高いですよね。皆さん一年間分、数十万円の学習費用を捻出するだけで、精一杯だったでしょうし、もう一度、 同じだけの時間をかけて、ほぼ同額の大金を捻出するというのは、一部お金持ちの方を除き、殆どの方が不可能に近いのではないかと思います。

止むを得ず、模試だけの単科受講を検討する方もおられるでしょう。勿論基礎力のある方なら、それでいいと思います。ですが、今回の試験結果を鑑みてもおわかりのとおり、あなたに関しては、はっきり申し上げて、それでは合格出来ません。 傷口に塩を塗るようで申し訳ないのですが、基礎力のない、脆い土台の上にやぐらを立てるようなもので、風が吹いたらすぐに倒れてしまいかねません。

そこで、私は考えました。

「既に一年間、他校で公認会計士の学習を頑張って来られたにも関わらず、基礎答練からの仕切り直しが必要な方に対しては、公認会計士講座の受講料を現行の中級コースよりも思い切って下げて、試験に合格できる機会を増やして差し上げることは出来ないだろうか?」と。

受講料を下げれば、親御さんも、大学の授業料を支払いつつ、心おきなくご子息を公認会計士受験に臨まさせることが出来ますよね。教育ローンを組むにしても、不景気ですし何が起こるかわからないのだから、借金は少なければ少ないほど良い。

ですが巷にありがちな「安かろう悪かろう」では意味がありません。

あなたには短期合格して頂かなければなりませんから、教材の水準を下げる訳にはいきません。「公認会計士講座の質を下げずに、2013年5月の短答式試験合格から、2013年8月の論文式試験合格まで 、割安価格で受講して貰うことは出来ないだろうか?」と、一人机に向かって考えました。

次に、時間の制約についてのお話をしたいと思います。

あなたの短期合格を成し遂げるために専門学校がやるべきことは、「適正なコマ数の設定」です。

あなたが既に今までとは違う学習方法を模索し、他校さんのパンフレットを沢山取り寄せて、どの講座にすべきか検討中である場合、他校さんの授業のコマ数と比較して、うちは「少ないんじゃない?」と思われるかもしれません。ですが。

とんでもありません。適正です。「授業のコマ数が多いと、なんか得をしたような気がする!」と思う方もおられるかもしれませんが、とんでもない、大損です。

公認会計士試験に短期合格するためには、授業と復習のバランスを取ることが重要です。専門学校は、受講生の方に適正なコマ数を設定してあげて、適正なボリュームの教材を提供することが何より必要だと思います。

自ら教材の中での重要性を判断して、捨てるところと拾うところを分けて勉強出来るような超人的に頭の良い方は兎も角、一般に公認会計士の勉強を始めたばかりの方は、与えられた教材全てに取り組もうと頑張りますから、量が多いと消化不良を起こしてしまいます。

 

  授業のコマ数が多い⇒自分の復習時間が減る⇒中途撤退の道へ、まっしぐら
  授業のコマ数が適正⇒自分の復習時間が確保出来る⇒短期合格!!

折角晴れて公認会計士講座の受講を始めることが出来ても、途中で撤退してしまうようでは、何の意味もありません。先にも述べましたが、合格出来なければ、受講料をドブに捨てたと同じことなのです。

ICOライセンススクールでは、あなたが消化不良を起こさないように、勉強をしたい気持ちになるように、授業のコマ数を適正に絞っています。そしてこの「2013年目標・ ICO公認会計士・中級リベンジコース」だけで十分、合格出来るだけの試験範囲はカバーできます。後で別コースを申込みして下さい、といった案内はしませんので、ご安心下さい。

これで、時間の制約はクリアになりました。あとは、あなたに検討して頂くだけです!!

↓↓↓詳細は以下をご覧下さい↓↓↓

 

「2014年目標・ICO公認会計士・ 中級リベンジコース」

年間タイムテーブル

 

2013年7月


11月末


2014年2月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

           

2013年12月

短答式受験

今ココ

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  入門期(講義)

 

アタックTコース期

この時期に学習する講座

 

この時期に学習する講座

簿記個別特訓 簿記商品特訓 簿記帳簿特訓

簿記本支店特訓 簿記特論特訓

簿記連結特訓 管理会計特訓

(教室生の方は、個別DVD-R受講となります)

 

 

 

簿記アタックT 管理会計アタックT

財務諸表論アタックT 監査論アタックT

企業法アタックT 租税法アタックT 

選択科目アタックT

秋期短答式答練 

(教室生の方は、一部個別DVD-R受講となります)

 

 

2014年2月

5月下旬


8月下旬

 

 

 

 

 

 

 

 

 

       

2014年5月短答式受験

(2013年12月不合格の時)

     

2014年8月

論文式受験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  アタックUコース期

 

  アタックVコース期

この時期に学習する講座

 

この時期に学習する講座

簿記アタックU 管理会計アタックU

財務諸表論アタックU 監査論アタックU

企業法アタックU 租税法アタックU 

選択科目アタックU

冬期短答式答練

 

簿記アタックV 管理会計アタックV

財務諸表論アタックV 監査論アタックV

企業法アタックV 租税法アタックV 

選択科目アタックV

論文式全国模試 論文式予想問題解説講座

 

「2014年目標・ICO公認会計士・ 中級リベンジコース」

驚きの参加特典とは?

入学金10,000円が、無料に。

「2014年目標・ICO公認会計士・中級リベンジコース」にご参加されるあなたは、通常お預かりしている入学金10,000円が無料となります。

  欠席時や復習時のためのweb音声ダウンロード・フォローサービス標準装備

WMAファイル形式の音声(映像はありません)をwebよりダウンロードして頂けます。授業終了後、3日以内にUPしますので、授業を欠席した場合でも、次回の授業に間に合うように聴いて頂けます。なお、WMAのファイルの再生には Windows Media Playerが必要です。こちらで無料ダウンロードできます。

 


★ 教室日程表

中級期の授業:無料で当校 にて個別DVD-R視聴して頂けます

  2014年5月目標の方の個別DVD-Rのご利用について

 個別 DVD−Rのご利用時間は、火曜〜金曜の10:00〜13:0014:00〜17:0018:15〜21:15 、 月日 祝10:00〜13:0014:00〜17:00※月日 祝は夜の貸し出しは行いません)。

 貸出時より30分経過した場合はキャンセル扱いとさせて頂きます。やむを得ずキャンセルをする場合は事前にご連絡下さい。事前予約をキャンセルされた場合、次に同じ回のDVDーRを借りる際に500円かかります。また、一度視聴した回の授業を 復習のために再度借りる場合も、1回につき500円頂戴いたします。

 お電話、メールでの予約・振替は 当日17時までにご連絡下さい。
 月夜の貸し出しについては必ず事前にご予約 (当日17時まで)をお願いします。夜はご予約が入っていない場合、閉館する場合がございますので予めご了承願います。

アタックTコース教室日程表はこちら(PDFファイルです)

また、不要な科目の他科目への振替及び減額はお受け出来ません。予めご了承願います。

もう一度、講座内容の詳細を確認したい方はこちら


★ web音声ダウンロード・フォロー開始時期

授業終了後、3日以内に配信します。講義録はPDFファイルです。

なおWMAのファイルの再生には Windows Media Playerが必要です。

こちらで無料ダウンロードできます→

 

Windows Vista&7をお使いの方へ

「このwebサイトは、Microsoft  Corporation からのWindows Media Playerアドオンを実行しようとしています。webサイトとアドオンを信頼し、アドオンの実行を許可するには、ここをクリックしてください。」という表示が出ることがあります。その場合、「アドオンの実行」をクリックをして下さい。次に、「このアクティブXコントロールを実行しますか」という表示が出ましたので、「実行する」をクリックして下さい。

 

WMAファイルのダウンロードにつきましては、当校所定のIDとパスワードが必要です。 

IDとパスワードはくれぐれも外部に漏洩しないように、ご注意をお願いいたします。


★ 通信教材発送日程表

中級期の教材:3回程度に分けて一括発送させて頂きます。

アタックTコース通信発送日程表はこちら(PDFファイルです)

WMAファイルのダウンロードは教室の授業終了後、3日後から聴いて頂けますが、テキスト及びレジュメノ発送は「通信発送日程表」に従ってお送りすることになります。


本ページと同じ内容の、紙媒体資料の送付をご希望の方は、↓をクリックして下さい。

紙媒体資料の送付をご希望の方はここをクリック!!


この講座を申込みたい方は、↓をクリック。

お申込はこちら!


【特設サイトトップへ戻る】

 

 

HOME公認会計士日商簿記1級日商簿記2級日商簿記3級

公認会計士 簿記1級 簿記2級 簿記3級の受験指導校 ICOライセンススクール  Copyright(C) Ico License School All Rights Reserved