是が非でも、我が子の夢を叶えてあげたい。と思う親御様へ。

letter

はじめまして。 私はICOライセンススクール(以下ICO)という会計受験指導校を経営しています、井ノ川 博行と申します。
会計科目(簿記・財務諸表論・管理会計)の講師歴33年、開校25周年を迎えました。

この年月を通して、今確信していること、それは、
『公認会計士には誰でもなれるぞ!!!』
ということです。

このページをご覧の皆様は、

子供の資格取得を是非手伝いたい、
子供の将来のために何かできることはないか?
将来に役立つ資格って何だろうか?

…そう熱心にお子様の将来をお考えになる方ではないでしょうか。

当ホームページを開き、
そしてこのページにお立ち寄りくださりありがとうございます。

私は、そんなご家族・ご一族の誇りや名誉を懸けた大切な戦いになるであろう資格試験の合格を 是非ご一緒に応援させて頂きたく願い、この手紙を書いております。

公認会計士は言わずと知れた国家資格の最高峰の一資格です。
しかし、まず皆様こう質問されたいのではないでしょうか?

『最難関資格であるにもかかわらず、公認会計士業界は就職氷河期と聞きます。
就職難は中長期的には解消していくのでしょうか。』

まず、多くの卒業生を見てきて、また自分自身を振り返って思うことは、
「公認会計士という資格はやはり強い!!!」
ということです。

ICOには性別や国籍を問わず、また様々なバックグランドの受講生・卒業生がいます。
当校では、ご本人の希望に応じて就職のためのコンサルティングや就職先紹介も行っています。

以下は直近の受講生合格者の話です。

30代後半の中国籍の女性、在籍1年半で公認会計士試験合格を成し遂げました。
就職先のご相談を受け、最終的に内定した先は競争率40倍の中堅監査法人でした。

60歳目前の男性、会計士業から一般企業の経理職への転職を希望。 定年間近にも関わらず採用頂くことができました。

何故、二人ともに、決して有利な状況ではなく、
難しいとされる状況の中、採用頂けたのか。

それは、やはり「公認会計士という武器となる資格」があったからです。
加えて、性別・異国籍・年齢というハンデをICOの勉強の日々で克服されているのです。

ICO卒業生の中には、自分自身で独立・開業している方もいます。
企業内会計士として監査法人以外の一般企業に勤務し、活躍している方もいます。
公認会計士という資格取得後は十人十色、
ご自身で、夢の第一歩を、選択肢広く、自由に描くことが出来るのです。

ただし、公認会計士試験のための受験は大学受験等のそれとは全く似て非なるものです。
まず、最低でも1年半の年月を会計士のことだけに費やします。
その覚悟が、会計士試験挑戦の最低条件です。

勉強中は朝から晩まで会計士試験合格のことだけを考える日々。
私の受験時代、この『世のニュースさえ知らないこの時期』が
今の血肉の第一歩・私の人生にとってなくてはならない時期となっています。

公認会計士の二次試験は論文式試験となっています。
会計に関してただやみくもに知識の丸暗記では合格通知は手に入りません。

物事を順序立てて考える習慣、それをどのように紙媒体に表現するのか、
どのような表現が分かりやすいか、強調した方が良い語句は何か、
等々、この合格のための勉強は、世に出た時の着実な訓練となり、
大学生の方でも既に社会人スタートなのです。
ですから、試験勉強の過程で身につくことは
合格という称号のほかに必ずやご本人の大きな財産となります。

最高峰の資格であるため、もちろん最難関でもあります。
しかし、公認会計士試験に合格するために特別な能力・特別な勉強が必要とされるか …必要ではありません!
私の30数年の経験で、どんな方でも勉強方法さえ間違えなければ合格出来ることを確信しています。
公認会計士を生業としてしていくために、必要な知識をポイントをついて学習する、それだけなのです。

もちろん、これを独学で0からしていくことは大変困難な道であり、
時間も多くかかるでしょう。
だからこそ、当校があるのだと自負しています。
私の人生を懸けてきた戦いを、
人生を懸けた勝負をされる方々の為に活かして頂きたい。
私をどうぞ役立ててください!そう思っています。

↓教室生の質問中の様子です。通信生も直接、ご来校の上ご質問頂けます(※要事前予約)。

質問01質問

質問04質問03

日本広しといえど、
公認会計士が自身で簿記・管理会計を直接経営・指導する受験指導校は
ICOライセンススクールだけです。
現在は東京・千代田区水道橋にて、
公認会計士講座、日商簿記1・2・3級講座、税理士講座(簿記論・財務諸表論)を開講しています。

大手受験指導校に勤務していた際、常にあることが頭にありました。
人生に勝負をかけた真剣な受験生が授業について行かれないという理由だけで次々リタイアしていく。
出来ない人、ついて行かれない人はここでは埋没です。
講師は出来る人からの質問への回答で手一杯、出来ない人は「できない」という悩みさえ打ち明けられない。

そもそも公認会計士試験というのは競争試験ではありません。
努力した人が必ず報われるものです。
なのに、まだスタートにも立てていない人が戦線離脱していく現実。

『普通の人が普通に努力して報われる、それを叶える学校があっても良いのではないか?』
…そう強く思い続け、私は25年前にICOライセンススクールの公認会計士講座を開校しました。

ICOライセンススクールの特色は、『身近』という点です。
受講生一人ひとりをICOスタッフ全員が良く把握した、
手厚いサポートを以て応援させて頂く、「少人数精鋭指導」を徹底・特徴としています。

「この受講生がどうして出来ないのか」
得意不得意分野・性格の長所短所・環境など身近な分深く知り、
出来ない原因を一緒に追究していこうというものです。

私の長年のノウハウ
受講生=ご子息・ご令嬢のご努力
そしてご家族のご支援
この三つが継続されてはじめて公認会計士試験に合格できます。
どれかひとつでも欠けてしまうと最速最短合格を実現することはできません。
親御様の応援が必要不可欠なのです。

質問・疑問等は解決までお付き合い致します。
大切なご子息・ご令嬢の将来です。
ご一緒に、または親御様だけでご来校頂いても構いません。
皆様にとって最適な将来の形を一緒に考えられたらと願います。

ご子息・ご令嬢の公認会計士への道、是非是非一緒に応援させてください!

是が非でも、子供の夢を叶えてあげたい。と思う気持ちを、お問い合わせへ!!

胸を張って将来へと羽ばたこうとするご子息・ご令嬢の背中を、
今、押してさしあげようではありませんか!!!

公認会計士講座のご案内は、ここをクリック

↓井ノ川博行及びICOスタッフです。

いのスタッフ

ICO前書き

井ノ川先生サイン

トップへ戻る

電話 :03-5281-6111(月~金:10時~18時、土・日・祝:10時~17時)
FAX :03-5281-6112(24時間受付)
E-mail :ico-school@ceres.ocn.ne.jp(24時間受付)

公認会計士 簿記1級 2級 3級 税理士簿財の受験指導校 Copyright © 2013 ICO License School All Rights Reserved.